愛されて20数年のフタアミンシリーズ。パプラール化粧品のムサシノ製薬
ムサシノ製薬株式会社

ホーム > 製品情報 > フタアミンhiクリーム

薬用フタアミンhiクリーム

フタアミンhiクリーム

無香料の医薬部外品

お肌は、しっとり、なめらか
薬用フタアミンhiクリームは、発売から30年近く愛され続けてきました。無香料・無着色、成分はそのままで、従来品よりなめらかなテクスチャーに仕上げました。
有効成分は主剤のグリチルレチン酸とビタミンE。基剤にはホホバ油、卵黄油、保湿剤のグリセリンを使用し、べとつかず、さっぱりとした薬用クリームになっています。尿素を含有していませんので、尿素の刺激に弱い方にもお勧めです。お年寄りのカサカサ肌にもどうぞ。

クチコミサイト・アットコスメのクリーム部門において2007年度、2008年度と2年連続して1位を受賞しました。さらに2009年度には、殿堂入りの栄誉に輝きました。

■有効成分:グリチルレチン酸(甘草から抽出)、ビタミンE(酢酸トコフェロール)

■保湿成分:ホホバ油、卵黄油、グリセリン

■指定成分:酢酸トコフェロール、パラベン、ミリスチン酸イソプロピル、トリエタノールアミン、プロピレングリコール、ステアリルアルコール、エデト酸塩


■容量・価格
55g:1,100円+税 / 130g:2,200円+税

効能及び使用法

  1. 皮膚の弱い方の化粧下クリームとしてご使用下さい。皮膚をまもり化粧くずれを防ぎます。
  2. 全身美容、美容マッサージのクリームとして優れており、入浴後の全身塗布クリームとして用いますと潤いのあるお肌に整えます。
  3. 洗濯、食器洗い、作業の前後に使用してください。手のあれ、お肌のあれを防ぎます。
  4. あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぎ、日やけによるしみ・そばかすを防ぎ、日やけ・雪やけ後のほてりを防ぎます。
  5. ひげそり前後に使用しますと、かみそりまけを防ぎ、皮膚を滑らかにして、さっぱりとします。

使用上のご注意

  1. 薬品や化粧品にかぶれやすい過敏な体質の人、あるいはお子さまの場合は、ご使用前に皮膚のやわらかい部分(腕の内側等)に少量をすりこんで、翌日、その部分にかゆみや発赤のないことを確認したうえでご使用ください。
  2. ご使用中に発疹、発赤があらわれたときは使用を中止し、クリームを水で洗いおとし、医師、薬剤師等にご相談ください。
  3. 本品は卵黄油(天然物)を含むため若干の色調の違いを生じる事がありますが、品質には影響ありません。

保存上の注意

使用後はキャップをよくしめて、直射日光や高温の所は避けて下さい。

※類似品にご注意ください。医薬部外品の「フタアミン」とご指定ください

成分について

カンゾウ(ウラルカンゾウ)の花

カンゾウ(甘草)

カンゾウ(甘草)は、アジアからヨーロッパに至る乾燥地帯に自生し、根から抽出される成分グリチルレチン酸は、スキンケアクリームや練り歯磨きなどに利用されています。また、砂糖の150倍という甘さがあり、天然甘味料として醤油を始めとした多くの食品など、広い範囲で使用されています。

利用されるのは、アジアのウラルカンゾウが中心で、他に、ヨーロッパのスペインカンゾウがあります。

ホホバの実

ホホバ

ホホバは、樹高2m程度の潅木で、メキシコ北部からアメリカ西部にかけての乾燥地帯に自生しています。

種子から得られるオイルは、酸化されにくいため保存性が良く、液状ワックスとして重要視されています。人の皮脂に近い組成ともいわれ、保湿作用があり、多くのヘアケアやスキンケア商品などに用いられています。


※おことわり:画像は、資料として掲載したものです。