ムサシノ製薬株式会社

ホーム>製品情報>ケシノール錠

ケシノール錠

ケシノール錠

指定第2類医薬品
容量・価格

60錠:1,500円+税

成  分

ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、ノスカピン、無水カフェイン、グアイフェネシン、カンゾウ末、キキョウ末、車前草軟稠エキス・他

この医薬品は、薬剤師または登録販売者にご相談の上、お求めください。

商品説明

ゆっくりお休みできないときに、眠くなりにくい咳止め錠です。
ケシノール錠には、下記のような特徴があります。

a)眠くなる成分(抗ヒスタミン薬)を配合していません。
b)鎮咳作用の発現時間が最も短い(15〜30分)ノスカピンと、鎮咳作用最強のリン酸ジヒドロコデイン配合により咳中枢を直接抑制して、つらい咳を速やかに、かつしっかりと鎮めます。
c)dl-メチルエフェドリン塩酸、ノスカピン、グアイフェネシン+カフェインで気管支の緊張を効果的にやわらげます。
d)強力な去痰成分グアイフェネシンに、3種の去痰生薬(カンゾウ、キキョウ、車前草)を配合することにより、痰の喀出をスムーズにします。

主な効能効果

せき、たん

商品特徴

・抗ヒスタミン成分は配合しておりません。
・鎮咳成分のノスカピンは作用発現時間が短く、リン酸ジヒドロコデインで咳中枢を抑制して咳を速やかに抑えます。

用法用量

1日3回毎食後
15歳以上 4錠、11歳以上15歳未満 3錠、8歳以上11歳未満 2錠、8歳未満 服用しない

せきの起こる仕組み

せきが起こる仕組みは複雑で、気管支平滑筋、中枢神経、及び末梢神経系が関与しているとされており、気管支粘膜の刺激が気管支収縮を引き起こし、次に気管支に局在するせき受容体を刺激します。この受容体からの刺激伝導が迷走神経中線維と呼ばれる神経を経由して中枢に伝わっていきますが、ここから反射的にせきが起こります。
したがって、せきを鎮めるには気管支の緊張をやわらげることと、気管支への刺激となるたんの排泄を促すことが重要です。

せき・たんの治療には…

・栄養や睡眠を十分にとって体力の回復に努めましょう。
・室内の空気が乾燥しすぎないよう注意しましょう。
・タバコはひかえ、うがいなどをしてのどをいたわりましょう。
・せき・たんの治療薬を服用する際は、水分を多めに摂るように努めましょう。

ページトップへ
Copyright ©2017 Musashino Pharmaceutical Co., Ltd.